千登勢獅子舞
所在地 奉納場所 奉納日時
飯田市川路八区 川路四区津島社 7月第2土曜日
特徴

千登勢の名称は、明治22年、川路8集落に名付けられた源氏名である。

古くは祇園祭りに屋台囃子で奉納していたが、

明治44年獅子舞を奉納したのが
事始めといわれている。

当初は獅子頭も手作りで、割竹の骨格に和紙を張り、

着色した張り子であった。


昭和47年保存会を設立、その後、頭を新調し、屋台もアルミ製に

更新して、移動が
容易になった。