上黒田獅子舞保存会
所在地 奉納場所 奉納日時
飯田市上黒田 上黒田八幡社
特徴


上黒田の獅子舞は伊那谷唯一の伊勢流神楽獅子で、

明和年代から継承されて来て、明治初年に
屋台が造られた。

舞の型は7種類あり、一舞に30分を要し勇壮典雅な舞と評される。
    
保存会員360名、役員40名で運営され、技能各班が毎月、

舞の足取図、囃子の譜面、
MD、ビデオ等による型の

保持伝承に努めている。


獅子頭は全巾65cm、重量11Kg、太鼓口径は73cmである。