上茶屋獅子舞保存会
所在地 奉納場所 奉納日時
飯田市鼎上茶屋 矢高諏訪神社 4月第2土日曜日
特徴

上茶屋の黒獅子は、南信州屋台獅子の元祖八百年以上の歴史を持つ、

高森町大島山瑠璃寺
の舞を直系に受け継ぐ獅子舞である。

    頭は、富山県井波町、日彫展審査員「武部豊」氏の作、

漆で黒に仕上げた真黒な頭である。


幌は北島新平画のデザインで黒布に空に舞い上がる竜を

イメージした幌である
    
舞は宇天王(うてんのう)の所作で優雅に勇壮に舞う獅子舞である。